行儀の悪い三人衆の名前は「仕丁」


3月。
早すぎる毎日。
すでにひな祭りの季節でした。

熊本市中心部の下通アーケードには「ひな人形」がたくさん飾られています。毎年のイベントですので地元のみなさんはご存知かと思います。今年はゆっくりと見る事が出来ました。じっくりと見るのは、やはりお雛様の十二単ですね。最近では桃色のかわいらしいものもありますねー。

上から、お内裏様とお雛様、三人官女に五人囃子、右大臣、左大臣……ん?その次の3人衆は誰?
私の後ろでは女の子二人がお母さんに「ほらぁ、お行儀が悪い三人」と下の方の段に座る男子三人を指差しています。誰?
調べてみるとお名前を「仕丁(じちょう)」といい「泣き上戸、笑い上戸、怒り上戸」の三人一組で宮廷の雑役に携わった庶民に近い存在のようです。

初めて知りました。

「うれしいひなまつり」の歌詞の中にもでてきませんから知らない人も多いのではないでしょうか?(←私だけになりたくない。笑)

さて、3月は送別会や卒業生の謝恩会など別れの季節でもあります。
もちろん今生の別れというわけではありませんし、昨今のSNSの普及をみていると会う時間が減るだけという気さえしてきます。それでもやはり寂しいもので、特に転勤や就職、進学で熊本を離れる方々には是非とも熊本の味、郷土料理を食べて新しい境地を楽しみ羽ばたいてほしいなと思います。

私ども和食家たい勝も精一杯お手伝いしますので送別会などご相談ください。
goToCoursePage